Godot を触ってみた

弊社では VR/AR アプリの開発には Unity を使っていますが、最近オープンソースのゲームエンジンである Godot というのが話題になっているので少し使ってみました。チュートリアルの 2D のサンプルプロジェクトを終えて 3D を少しだけ触ったので、Unity との比較や所感を述べます。

続きを読む

App Store Connect API key を使って fastlane + Jenkins で App Store Connect にデプロイする

App Store Connect が二段階認証必須になったので fastlane でデプロイするときに工夫が必要になりました。

コベリンでは Jenkins を使って iOS アプリをデプロイしているのでその方法を紹介します。

続きを読む

3月はちゃめちゃ会 TRPG パラノイアをプレイした

こんにちは、id:numanuma08です。コベリン月例「はちゃめちゃ会」でTRPG「パラノイア」をプレイしたので、その様子をお伝えします。

はちゃめちゃ会とは?

コベリンが毎月開催している、はちゃめちゃな会です。詳しい説明は前回 id:takkumatsuが書いてくれたのでそちらに譲ります。

blog.covelline.com

TRPG 「パラノイア」とは?

続きを読む

FBO認定きき酒師になりました

f:id:numanuma08:20210226134111p:plain

こんにちは、id:numanuma08です。実は昨年末に「きき酒師」の資格を取得していましたのでご報告します。

きき酒師とは

お酒を飲んだだけでその銘柄を当てる人・・・ではないです。世の中にそういう人はいますが、なかなかすごいスキルですよね。FBOが認定しているきき酒師は、「日本酒のセールスプロモーションの実行力」を身に着けるための資格です。お客様に対して日本酒の魅力を伝える、難しい表記や専門用語で表現されがちな日本酒をわかりやすく伝えて選んでもらう、日本酒を飲みたい!と思ってもらえるようなセールスプロモーションを行うなどに必要な知識を身につけるものです。

なぜきき酒師なのか

コベリンでは(今のところ)酒類を販売する事業は行っていません 。しかし個人的に日本酒が好きなこと、そして何となく日本酒販売業界に課題があるんじゃないか?と思っていることから、その感覚や疑問をより明確に表現できるように知識を身につける必要性を感じました。その中で書籍を読んだり、居酒屋や酒蔵で話を聞いたりと言ったことはしてきましたが、もうちょっと体系的な知識を身に着けたいなとおもってきき酒師の資格を取得しました。

今後

この記事を見て日本酒に関わるアプリやサービスなどの開発や課題がありましたら協力できるかもしれませんのでご相談ください。

firestore の rule のテストは難しくないからみんな書こう(rule はむずい)

firestore の rule のテスト方法について書きたいと思います.

firestore に限らず firebase のサービスの rule はセキュリティを確保するために非常に重要ですが、独特の書き方と概念なのでちゃんと書くのは結構難しいです。 また、条件が増えてくると手作業でテストするのも現実ではありません。

そこで今回は @firebase/rules-unit-testing を使ったテスト方法について紹介したいと思います。内容的には以下の公式ドキュメントほぼそのままですが細かい導入方法などが欠けているのでそのあたりを補足したいと思います。

単体テストを作成する  |  Firebase

続きを読む